数学が嫌いでも数字と楽に向き会えるようになる方法を解説

数字が嫌い

文系だし数字がどうしても苦手〜…

という方向けの記事です。

目次

数学が嫌いでも数字と楽に向き会えるようになる方法を解説

すべての数字が苦手ではないことに気付こう

数字が嫌い

数字は見るのも嫌なんだよ〜!

という人でも、すべての数字が完全に駄目…!という人は実はあまりいないのです。

  • 好きなスポーツのスコア
  • 好きなゲームの攻略に必要な数字

などは大丈夫だったりしませんか?

仕事で「確率」と聞くと吐き気がするかもしれませんが

  • 野球の防御率
  • ソーシャルゲームのガチャ排出率からの期待値
  • スパロボやFFの回避率

などは以外にすんなり受け入れられるのではないでしょうか。

まつよい

自分の意識次第で、苦手意識は克服できます!

数字に苦手意識をもってしまう理由は見ているデータが多すぎるから

数字に苦手意識が出てしまう理由のひとつは、見ているデータが多過ぎて混乱してしまうことです。

先のゲームの例でも、登場するデータはそれこそ無数にあります。

それでも混乱しない理由は、好きな分野であれば

  • この数字は必要なデータ
  • この数字は今必要ないデータ

と無意識に選別を行い、見ている数値を絞れているからに他なりません。

これが仕事の数字になるだけで

  • どのデータが重要なのか
  • どのデータが重要ではないのか

の判別が難しくなり

まつよい

結果すべての数字を見てしまい、数字の海に溺れてしまうのです。

数字の海に溺れないようにする方法

数字の海に溺れないようにする方法は

  • 取り扱う数字を減らす
  • 取り扱う数字に慣れる

この2点です。

一つは取り扱う数字を減らすこと。

例えば決算書の全データを把握しようと思うと大変ですが、

例えば「売上」だけであれば

単価 ✕ 数量

だけを見れば充分だったりします。

まつよい

一度に見る数字が少なくなれば、なんとか取り扱える感がでてきます!

もう一つは、取り扱う数字に慣れること。

慣れるためには、まずは業務で自分が取り扱う数字を見てあげることが重要です。

関係のない数字は把握するのがたいへんですが、ある程度理解のある数字であればハードルは下がります。

まつよい

自分の業務に関係のあるデータを、更に絞ってみることから始めましょう。

まとめ:数字を見ること自体は難しくない! 関係のあるものを少しずつチャレンジ!

  • 自分の好きな数字は見ることが出来る
  • 一度に多くのデータを見ない
  • 自分の業務に関連するデータからみてあげる

ということについて解説してきました。

何も大量のデータを複雑に見ていくことが分析ではありません。

出来ることろから少しずつ!という観点で考えれば数字の苦手意識は少しずつ改善します。

まつよい

簡単なところからチャレンジしていきましょう!

実際の方法を知りたい方は、併せてこちらの記事もご覧ください。

まつよい
秋田県出身、東京在住。1983年生まれ。
大学ではデザインを専攻していた文系出身。
某金融企業でWEBマーケティングを担当する中でデータ分析を学ぶ。
データ分析に基づく業績改善に貢献し、WEBマーケティングのリーダー、および社内データ分析人材の育成をメインで4年以上担当しています。
参考になったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次